顔のシミ取りクリームランキング | しみ・そばかす消すクリームを調査

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加

顔のシミには種類がある!対処法はシミ取りクリーム?皮膚科?

 

ひとことでシミと言っても、原因によってセルフケアで改善するシミと、皮膚科でないと対応できないシミがあります。
まずはシミの種類を見極めて、対処法を知ることが
美白へのカギとなります。
では、代表的なシミをご紹介します!


老人性色素斑

【原因】加齢・紫外線など
【特徴】顔や手など紫外線が直接当たる部分にできやすい
【対処法】ビタミンC誘導体・ハイドロキノン配合の化粧品など

炎症性色素沈着

【原因】ニキビ・アトピーなどのかぶれ・ケガなど
【特徴】茶褐色で上記の原因が繰り返し起こることで定着する
【対処法】ビタミンC誘導体配合の化粧品やピーリングなど

そばかす

【原因】遺伝・紫外線・ストレスなど
【特徴】小さい斑点が、鼻の上や頬にかけて広がっている
【対処法】ビタミンC誘導体・ハイドロキノン配合の化粧品
ピーリング、皮膚科のレーザー治療など

肝斑

【原因】女性ホルモン、紫外線、ストレスなど
【特徴】左右対称で、頬骨に沿ってできるシミ。
目の周りにはできないため、そこだけ白く抜けて見える場合もある
【対処法】飲み薬がとくに効果的(トラネキサム酸)
ビタミンC誘導体・ハイドロキノン配合の化粧品 ピーリングなど
※肝斑はレーザー治療すると悪化するため、 皮膚科で正しい診断を受けることが重要です

脂漏性角化症

【原因】加齢・紫外線
【特徴】皮膚が盛り上がってイボのような形
【対処法】ピーリングなどの角質ケア、皮膚科のレーザー治療

花弁状色素斑

【原因】過度な日焼けなど、強力な紫外線
【特徴】花びらのような形で、肩や背中に多くできる
【対処法】皮膚科での治療
(ハイドロキノン、トレチノインなどの塗り薬、レーザー治療など)

肌に合わせたシミ取りクリームを購入しよう

 

お顔を美白にするにはポイントがあります。自分の肌質に合わせた化粧品を選ぶ!これだけです。顔にトラブルの多い方が普通肌の人と同じシミ消しをしても効果がないのです。敏感肌には敏感肌のシミ消しスキンケア。乾燥肌には乾燥肌のシミ消しを行ってみてください。それだけで、かなり効果が変わります。今までは顔にトラブルがあると、シミを消すのが難しいと言われていましたが、敏感肌用のシミ消し化粧品が販売されているので、肌を白くすることができます。


シミ取りクリームを顔の肌質に合わせて選ぶ

シミ取り用クリーム

顔の肌がカサカサして、スキンケアしてもすぐに粉をふく人にお勧めシミ取りクリームを紹介
矢印詳しい情報はコチラ

敏感肌用クリーム

スキンケアすると、赤みやピリピリを感じる人に、敏感肌用のクリームを紹介。
矢印詳しい情報はコチラ

普通肌用クリーム

ほとんどどのクリームでもイケると思う人に、シミ取りクリームで特におすすめを紹介!
矢印詳しい情報はコチラ

総合 顔のシミ取りクリームランキング

 

自分の肌質が解っていれば、それに合わせたシミ取りクリームを選らんで使ってあげましょう!
しかしシミは使ってすぐに消えるわけではありません。
角層が生まれ変わる2週間ぐらい継続して使うことでメラニン退治のポイントになります!
当サイトでは実際に使ってみた顔のシミ取りクリームをランキングで紹介しています。


 
sds
価格:5,940円

トライアルセットは1,480円 →トライアルはこちらから
敏感肌の女性のために作られたシミ取りクリームです。
敏感肌をケアするために、バリア機能をクリームで作るヴァイタサイクルヴェール。
お肌を白に戻すためのホワイトサイクルシステムなど、敏感肌ではできなかった技術を開発したのがサエルの化粧品です。
いろいろな化粧品で白を感じない。お肌に負担を感じる方はぜひサエルを体験してみてください。

評価 評価5
備考 サエルの独自理論ホワイトサイクルシステムで、敏感肌でも使える美白化粧品を作っています。
 
価格:6,480円

トライアルセットは1,944円→トライアルはこちらから
独自浸透テクノロジーにより、ハイドロキノンの浸透が格段にアップ!お肌への負担も軽減!
色素沈着やシミでお困りの方に圧倒的な浸透が出来るビーグレンはハイドロキノンを肌の奥まで届けることが出来ます。
そのため、目もとなどくすんで悩んでいる方にも人気のハイドロキノン配合クリームです。

評価 評価4
備考 ハイドロキノンをQuSomeカプセルに入れることで、肌奥まで届けることが出来るクリームです。
 
アンプルール クリームAO
価格:19,440円

トライアルセットは1,940円 → トライアルはこちらから
出来てしまったシミに、安定型ハイドロキノンが対応!
お肌のシミをリセットして、ハリとうるおい出してくれる欲張りクリームです。
アンプルールのトライアルにはこのないとクリームが入っていませんが、同じ安定型ハイドロキノンが入った、美容液が入っています。

評価 評価5
備考 新安定型ハイドロキノンですでにあるシミを取る嬉しいクリーム。若々しくいたい女性にオススメです。

私は敏感肌なので、サエルがぴったりでした。
そもそも敏感肌に合うような美白のクリームなんて今までなかったのに、ディセンシアから美白用のサエルが発売されたの使ってみたんです!
使ってみると判りますが、いつもカサカサしてしまうこの肌が長時間ずっとしっとり!
しかも継続して1つ分使うと、透明感が出てきました!
もっとお肌を白くしたいので、さらに続けて使ってみようと思っています。
※サエルのクリームは2018年3月にリニューアルしました。
 口コミは旧商品の感想になりますので、現商品とは異なる場合があります。 矢印サエル体験レビューはコチラ


敏感肌はもちろん、お肌トラブルがある方なら、サエルはお勧めだと思います。
付け心地が良く、よくあるピリッが無いから誰でも美白効果がありそうですよ♪
サエルひと口メモ
紫外線で出来たしみは皮膚が作ったメラニンが原因です。
敏感肌さんは肌の刺激が大きいからメラニンもたくさん出来てしまいます。
だから敏感肌さんはしみが出来易いのですが、人気のサエルを使えば大丈夫!
ホワイトサイクルシステムで美白効果をアップします!
あなたの美容にサエルを取り入れればひとつ上の透明感が期待できます!

よりシミが消えやすいテクを使いメラニン排除

 

自分に合う化粧品が見つかったら、シミが消えやすいテクを使ってメラニンを早く排除させることです! シミを早く取るためには、美白成分を肌奥まで浸透させること!と、余分なメラニンを早く退治させること!です。お風呂上がりの緩んだ肌に美白成分を使うと、血流アップとリラックス作用で効果的に浸透が高まります。そこへラップ蒸し(テク1)を使うと、10分で色白になります!気になるシミを集中的に退治するなら、クリームをこんもり盛って退治(テク2)しましょう!


シミ取りクリームを使ったメラニン退治テク♪

(テク1)乾燥・シミ・くすみに超効果的な「ラップ蒸し」

ラップ蒸し

シミ取りクリーム(美容液でもOK)を顔全体に多めに塗り上下二枚のラップで覆います。

蒸しタオル

ラップの上から、温かいタオルをのせて肌を温めます。約10分行うので、寝た姿勢がラク。

クリームを手で押し込める

タオルが冷めたらラップを外し、クリームを手のひらで肌に押し込み浸透させます。


このテク1ではたった10分でお肌が1トーン明るくなります!
ラップで密封したところをさらに蒸しタオルの熱で温めているから、美白成分が肌の奥に届きます!
是非一度お試しあれ!


(テク2)シミ取りクリームをこんもり盛ってメラニン退治

ラップ蒸し

気になるシミに、こんもりとクリーム覆い隠すようにを乗せます。

蒸しタオル

その上に小さくカットしたラップを貼り付け15~20分パックします。

クリームを手で押し込める

長く貼り付けていても、乾燥する心配が無いので、シミに効果的!


テク2は美白クリームをがっつりシミに盛り付けるので効果も倍増!
自家製パックで出来るし、小さいパックにしているから剥がれにくい!湯銭に浸かっている時でも大丈夫なのでリラックスしながらできます♪


※このテクは2012年5月美的の中にある方法を参照に自分で試して良かったと思うものをご紹介しています。

シミ取りクリームの効果を上げる、正しいスキンケア

 

毎日のスキンケア、きちんとできていますか?
せっかくシミ取りクリームを使っても、 正しいスキンケアができていないと シミ取りの効果が半減してしまいます。
シミ取りクリームの効果を最大限に活かすために、 正しいスキンケアをご説明します♪


1.クレンジング
敏感肌や乾燥肌の場合、洗浄力が強すぎない、肌に優しいクレンジング剤を
選ぶようにしましょう。 クレンジングをするときは、顔を手のひらなどでゴシゴシせずに、
薬指などで優しく落とすのがポイントです。

2.洗顔
クレンジングと同じように、洗顔料も肌に負担をかけないように注意しましょう。
ポイントは、しっかり泡立てること。しっかり泡立てたら、肌にのせるような感覚で
ゴシゴシせずに洗顔します。
すすぎ残しのないように、ぬるま湯で丁寧に洗顔しましょう。お湯の温度の目安は33℃前後です。

3.化粧水
洗顔後は、肌の水分がどんどん蒸発します。できるだけ早めに、化粧水で保湿しましょう。
化粧水は、美容液やシミ取りクリームを肌にしっかり行き届けるためのベースになりますので、
保湿力の高い化粧水を選ぶのがオススメです。さらにビタミンC誘導体などの美白成分が入った
化粧水と併用するのも、シミ取りクリームの効果をアップさせます。

4.美容液
化粧水でしっかり保湿したら、美容液を塗ります。 美容液は、化粧水や乳液では補えない栄養を
肌に与えることができます。 美容成分にセラミド(ヒト型セラミド)、ヒアルロン酸などが配合されたものが オススメです。

5.乳液又はクリーム
化粧水で水分を蓄えて、美容液でしっかり栄養を補給したら、乳液やクリームを付けます。
シミ取りクリームをつけるときは、気になる部分に重ね塗りがおすすめです。
上でもご紹介した、ラップパックもオススメですよ♪

シミ取りクリームの体験談(口コミ)

30代前半、敏感肌 サエルの口コミ 

20代後半からシミが気になりはじめましたが、敏感肌なので美白化粧品はどれもピリピリするので諦めていました。そんなときにサエルを知り、なかば半信半疑でトライアルセットを使ってみたところ、全くピリピリしない!使い終わる頃には、肌がワントーン明るくなって、周りにも「肌が白くなったね!」って言われるようになりました。クリアな印象の容器も爽やかで気に入っています。

30代後半、普通肌 サエルの口コミ 

小さいころからあった頬のシミ。年齢とともに濃くなって、加齢斑だし仕方ないか、と諦めていました。皮膚科に行くほどでもないし、でもなんとなく気になる・・そんなときに出会ったのがサエルでした。私は敏感肌ではないけれど、できるだけ肌には安心なものを使いたいので選びました。サエルのクリームは、塗るとしっとり。つるっとした使用感が大好きです。頬のシミは、完全には消えないものの、お化粧品で隠れるくらいに薄くなり満足しています♪

40代前半、混合肌 ビーグレンの口コミ 

テレビ番組欄に「シミ消し」というのを見つけました。番組ではハイドロキノンについて紹介していて、私も試してみたい!と、ネットでビーグレンを見つけました。現在2本目ですが、薄いシミが本当に消えて驚きました。私は花粉の時期は肌が荒れるので心配でしたが、 問題なく使えましたよ。主婦の私には少しお高めですが、少量で伸びるのでコスパも悪くないし、皮膚科でレーザー治療するよりは、ずっとお得だと思います。

20代後半、敏感肌 ビーグレンの口コミ 

最近シミがポツポツでき始めたので、口コミサイトで評価の高かったビーグレンのトライアルを使用したのですが、私の肌には合いませんでした。もともと敏感肌で、化粧品も合わないものが多いので、トライアルがあって良かったです。ハイドロキノンは肌の弱い人はオススメできません。今はビタミンC誘導体の美白コスメと、飲み薬で頑張っています!

30代後半、普通肌 アンプルールの口コミ 

アンプルールを使っています。1個使い終わるころに、濃いシミがかなり薄くなりました。 完全になくなったわけではないですが、ファンデーションで分からない位になりましたよ♪私はそばかすも多いのですが、かなり薄くなったので、満足しています。周りの友人にもオススメしています。



※サエルトライアルセットはリニューアルしたため(2018年3月)、旧商品の口コミとなります。

シミに効果がある美白ケア成分とは?

できてしまったシミに効く美白有効成分

ビタミンC誘導体

皮膚に浸透しにくい特徴のあるビタミンCを安定化させ、
肌の角質層まで浸透しやすく改良したのが、ビタミンC誘導体。
チロシナーゼを抑える働きをすることで
シミのもとになるメラニンが作られるのを防いで
肌の新陳代謝を促します。メラニンの排出を促す効果もあり、
できてしまったシミを改善します。

ハイドロキノン

ハイドロキノンは、チロシナーゼを抑制する効果に加えて
メラニンが作られる”メラノサイト”を減少させる効果もあるので
これからできるシミを予防します。
さらに、黒色メラニンを還元する効果もあるため、
できてしまったシミを薄くする効果もある成分です。

シミを予防する効果のある美白有効成分

アルブチン

アルブチンは、ハイドロキノンを参考に作られた成分。
ハイドロキノン誘導体とも呼ばれています。
ビタミンC誘導体やハイドロキノンと同じように、
チロシナーゼを抑制することで、メラニンの生成を抑えて
シミを予防します。

ルシノール

化粧品ブランド「ポーラ」が開発した美白有効成分。
こちらも上記の成分と同じく、チロシナーゼを抑制する働きをします。
肌への浸透力が高く、シミを消す効果はないものの、
シミを濃くしない効果があります。

プラセンタ

チロシナーゼを抑える働きをするほかに、
肌のターンオーバーを整えてくれる作用があり、
メラニン色素を排出させて、シミができるのを予防します。

コウジ酸

コウジ酸は、米麹から発見された成分。
チロシナーゼの働きをストップさせて
メラニンの増殖を抑えることで、シミを防ぐ効果があります。

トラネキサム酸

しみが作られる情報をブロックする作用があり、
メラニンの生成を抑え、シミを予防します。
また、肝斑にも効果を発揮すると言われています。

直接的な美白効果はないものの

美白成分との相乗効果がある有効成分

グリチルリチン酸

植物から抽出された成分。
抗酸化作用やアレルギーにも効果があり、
皮膚科でも使われている成分です。
肌の炎症を抑える効果があるため、
メラニンの生成を抑制する美白成分と
配合されることが多い成分です。

シミ取りクリームで噂の「美白成分ハイドロキノン」とは?

ハイドロキノンは、もともとは皮膚科で
”医薬品”として使われていた成分。
シミを予防するのはもちろん、
肌に作られてしまったシミにも有効とされていて
注目されている成分です。

 

現在は濃度を下げることで、医薬部外品として、
市販の化粧品に配合できるようになりました。

 

ハイドロキノンは、その他の美白成分と比べて
10~100倍の美白効果があると言われ、
「肌の漂白剤」とも呼ばれています。
そのため、強い成分なので、副作用の危険性もあります。
アレルギーなどで、肌に炎症が起きる可能性や、
長期間しようするなど誤った使い方をすると
白斑が起きる可能性もあるなど、
使い方には注意する必要があります。

シミ取りクリームについてのQ&A

Q.シミ取りクリームを使う際の注意点はありますか?
A.ハイドロキノンは”光毒性”という性質があり、紫外線を浴びないように注意する必要があります。
ですのでハイドロキノン配合のクリームの場合は、夜間に使用するか、日中に使えるクリームでも、日焼対策が必要です。

Q.皮膚科でシミを治療する場合、保険は適用される?
A.保険適用されるのはケガや病気の治療のみ。 基本的に、シミは保険適用外といえます。

Q.シミ取りクリームでホクロも取れますか?
A.ホクロはシミよりも皮膚の深い部分にあるため、シミ取りクリームでの改善は 期待できません。
ホクロの場合は、皮膚科や美容クリニックで取るのがよいでしょう。

Q.エステの広告で「1回でシミがとれる!」というのを見たのですが、
本当に1回で取れるのでしょうか?
A.皮膚科などのレーザー治療以外の方法で、1回でシミを取るのは難しいでしょう。
急いでシミを消したい場合は、皮膚科での施術のほうが安心ですのでオススメです。

Q.皮膚科でシミをとる場合、どんな治療がありますか?
A.塗り薬ではハイドロキノン、トレチノインなど、 レーザー治療、フォト治療などがあります。
肌質やシミの種類によって治療法が変わるため、 治療前の正しい診断が重要になります。

シミ取りクリームは自分の肌に合ったもので、このシミを徹底的に消したいという場所に使用します。クリームを決めた方であれば、すでに美白コスメの大本命、美容液と化粧水はチェック済みだと思われます。そのふたつを使い終わってから、ココっという場所にシミ取りクリームを使ってあげるのが効果的な使い方です。前項に書いてあるテク1のような「ラップ蒸し」を使うことでお肌がワンランクアップする白さになるのでお勧めです。美白クリームの中でもサエルは敏感肌のかたや乾燥肌のかたが使用できる嬉しいクリームなのでお勧めです。