トレイチノン配合のシミ取りクリームの納得のいく高いシミ取り効果とは-シミを取る化粧品選び♪

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加

トレイチノン配合のシミ取りクリームの納得のいく高いシミ取り効果とは

シミ取りクリーム トレチノイン

シミ取りに高い効果を発揮するトレイチノンとは

シミの多くは、表皮の奥の部分にメラニン色素が定着してしまいます。
表皮の奥にひそんでしまったメラニンを取り除かなくては、シミを取り除く事は不可能です。 トレイチノンは、表皮の奥に出来てしまったメラニン色素を取り除く作用を持っている成分です。 表皮の細胞を活発にさせる作用があるので、その際に表皮の奥にある細胞もどんどん表に出そうとする動きをするので、シミのもとが浮き出てきて取り除いていく流れとなります。 2~4週間ほどでメラニン色素を表に出し、そのサイクルが繰り返される事でどんどんシミが目立たない状態へと導きます。
このサイクルを繰り返す事で、メラニン色素が少なくなり綺麗は白い肌に置き換えられるのです。

トレイチノンのシミ取りクリームで取り除く事が出来るシミ

トレイチノン配合のシミ取りクリームで取り除く事が出来るシミは、これらのシミの種類です。

①短期間で取り除く事が出来るシミ
日光性色素班、炎症性後色素沈着、そばかす。

②時間がかかるが取り除く方向に導く事が出来るシミ
肝斑

③薄くなるかもしれないが再発する可能性があるシミ
そばかす

これらは、トレイチノン配合のシミ取りクリームでの治療が可能となります。
これらのシミは、通常2か月程度での治療期間となります。症状が重いシミは、2か月以上の治療期間がかかる事もあります。
シミはガンコで厄介ですので、根気よく治療を行っていきましょう。
黒いほくろや色素性母班、老人性ゆうぜいなどは有効的ではありませんのでオススメ出来ません。

トレイチノン配合のシミ取りクリームの治療経過

トレイチノン配合のシミ取りクリームの治療の流れは、まずシミ部分を漂白していく期間があります。

● シミを漂白治療期間(治療の前半)
シミを漂白していく期間は、シミ部分が赤くなりアカのような物がボロボロむけていきます。 その後、肌が赤みを増してくる期間になります。
シミ部分が赤くなるので悪化してしまったと勘違いする方もいらっしゃるようですが、地長の一環ですので我慢しましょう。前半の治療が、この治療の中で1番辛いです。

●炎症を冷ます期間(後半)
その後、赤みがどんどん取れていきます。
赤みが取れていくと炎症が静まり、シミが薄くなっていきます。
一般的な軟膏を使っての皮膚治療と違い、赤みを帯びたりしみる感じもしてくる治療です。 そのため、我慢も必要となっていきます。

トレイチノン配合のシミ取りクリームは処方してもらわなければいけない

トレイチノンは大変強い成分ですので、お医者さんに処方してもらい2週間に1度は診察を受けなくてはいけません。
強い成分と聞いてお肌の負担が気になる方も居ると思いますが、事前にお肌の診察をして似合った量のトレイチノンの配合を行ってくれます。
お肌が弱い方でも安心して使えるように処方してくれますので、気になる方は1度皮膚科医にご相談をすると良いでしょう。

顔に複数の種類のシミがある場合は、通常は1番濃くて面倒なシミの治療を優先的に行っていきます。
レーザーなど余計な肌負担無くシミ治療を行う事が出来ますので、非常に快適ですよ。