シミ取りクリームはハイドロキノン配合の物を使って欲しい理由-シミを取る化粧品選び♪

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加

シミ取りクリームはハイドロキノン配合の物を使って欲しい理由

マーちゃん

シミ取りクリームの成分としてとても有名な成分は、ハイドロキノンです。
今あるシミを取り除く効果を発揮するハイドロキノンの効果を持つシミ取りクリームについて、まとめてみました。
綺麗な肌を、ハイドロキノンで作りましょう。



お肌の漂白剤!ハイドロキノン配合のシミ取りクリーム

ハイドロキノンは、別名「お肌の漂白剤」と言われている成分です。
シミの原因となるメラニン色素の量を抑え、シミを少なくさせる効果を発揮します。
また、メラニン色素を作る細胞を減少させる効果があり、シミが出来にくい肌にする事も出来ます。
ビタミンCやプラセンタなどは美白成分として有名な成分ですが、ハイドロキノンはそれらの成分の10~100倍もの美白効果を持っている凄い成分です。
今あるシミと取り除き、シミが出来ない肌質へと導く理想的な成分なのです


ハイドロキノン配合シミ取りクリームは市販でも手に入る

ハイドロキノンは、一昔前までは医療機関でしか手に入れる事が出来なかった成分でした。
しかし、2001年の薬事法の改正によって、一般の市販のクリーム等にも配合出来るようになりました。
ビーグレンなどには、ハイドロキノン配合のシミ取りクリームがあります。
市販で販売されているシミ取りクリームの中に配合しているハイドロキノンの濃度は、1~5%程度です。
配合濃度が少ないと思われるかもしれませんが、ハイドロキノンは物凄く高い効果を発揮する成分ですので、この程度の濃度でもかなりの高濃度です。
市販で販売されているシミ取りクリームのハイドロキノン配合の濃度は、この2つの種類に分けられます。

1~3%の配合濃度

配合濃度が少ないので、刺激が少なく安全に使える濃度です。
多少効果が薄いですが、お肌が弱い方など強い影響をお肌に与えたくない方にオススメの濃度です。
初めてハイドロキノンを使われる方は、低い濃度から使われる事をオススメします。

4~5%の配合濃度

市販のハイドロキノン配合のシミ取りクリームの中では、もっとも濃度の高いシミ取りクリームです。
この程度の濃度で、ヒリヒリとした違和感をお肌に感じる方がいらっしゃいます。
事前にパッチテストを行い、大丈夫なようであればお顔に使用しましょう。


ハイドロキノン配合シミ取りクリームを使う際に気を付けてほしい事

ハイドロキノン配合のシミ取りクリームは、その成分の強さにより肌トラブルを起こしてしまう事があります。
これらの事に気を付けて、正しくハイドロキノン配合シミ取りクリームを使用しましょう。

炎症が出る

ハイドロキノンの強い成分は、お肌に炎症を起こしてしまう事があります。
炎症が出たら直ちに使用を止め、皮膚科医にご相談をしましょう。

高濃度のハイドロキノン配合のシミ取りクリームを長期間使わない

長い間高濃度のハイドロキノンをお肌に使うと、その部分の色が抜けきってしまい逆に白すぎて目立ってしまう事があります。
1年以上同じ場所に継続してしまうと起きる可能性がありますので、使用の期間は十分に注意しなければいけません。

紫外線に注意

ハイドロキノンを付け入る部分はまっさらなお肌という事になるので、紫外線の影響を大きく受けやすくなってしまいます。
そのため、紫外線の影響を物凄く受けてしまい、やけどのような状態になる可能性もあります。 ハイドロキノンを付けている時は、必ず日焼け止めをつけて絶対に紫外線に当たらないようにしましょう。

ハイドロキノンは日持ちしない

ハイドロキノンは、酸化しやすい成分です。
そのため、1度開封すると日持ちしません。
1か月程度しか持ちませんので、1か月を過ぎたハイドロキノンの使用は控えましょう。


ハイドロキノン配合シミ取りクリームは夜に使おう

ハイドロキノン配合のシミ取りクリームは、夜に使う事を強くオススメします。
その理由は、この3つがあります。

寝ている時のゴールデンタイムに修復

寝ている時にあるお肌のゴールデンタイムは、成長ホルモンがたくさん出て修復しやすい時間帯です。
その時間帯にハイドロキノンのパワーを浸透させると、より一層シミ取りに効果を発揮させる事が出来ます。

紫外線とハイドロキノンは相性が良くない

先程も書きましたが、紫外線と相性が良くないので日が出ている間に付ける事はオススメ出来ません。

日中ではクリームを付けているのが目立ってしまう

ハイドロキノン配合のシミ取りクリームをお肌に付けると目立ってしまいますので、日中付けてお出かけすると目立ってしまいます。
ハイドロキノン配合のシミ取りクリームは、寝る前に付けてシミ取り効果を高く感じるように使いましょう。