シミ取りクリームの個人輸入を絶対にオススメしたくない理由-シミを取る化粧品選び♪

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加

シミ取りクリームの個人輸入を絶対にオススメしたくない理由

シミ取りクリームの個人輸入での購入はリスクを伴う

海外のシミ取りクリームは、ハイドロキノンなどのシミ取り成分の配合量が高いので、使ってみたいと思う方も多いと思います。しかし、個人輸入でシミ取りクリームを使う事は、とても大きなリスクを伴います。それは、ハイドロキノンなどのシミ取り成分の効果の想像以上の高さがあるからです。
個人輸入で購入出来る海外のシミ取りクリームには、日本で許可されていない程の成分の配合量や成分が含まれている事があります。その成分の威力は日本人のお肌には相当な負担となり、肌トラブルを引き起こす恐れがあります。シミを取り除いて肌色を綺麗にしようと思い個人輸入をしたのに、逆に肌質が悪くなってしまうなんて事はあってはいけません。
個人輸入ですので、その代償は誰も受けてはくれません。肌にダメージを受けてしまうと、自分でどうにかしないといけません。そんな危険なシミ取りクリームは、使う必要はないと言えます。

現にあった個人輸入で手に入れたシミ取りクリームで受けた副作用

海外から個人輸入で手に入れたシミ取りクリームで受けた副作用は、これらの事があります。

  • 香港から個人輸入したシミ取りクリームに水銀が含まれていて、腎機能障害を起こした。
  • HQMBという美白剤配合により、部分的に皮膚の色が抜けてしまい白いはんてんとなってしまった。
  • プロカインという局所麻酔の成分が配合されていて、重度なアレルギー反応を起こしてしまった。
など、聞くと恐ろしい副作用報告がいくつもございます。
このような副作用が起きてしまったら、ご自分で対処しなければいけません。
日本の市販シミ取りクリームでしたらメーカーが負担してくれるので、万が一何か起きたとしても補償をしてくれます。
個人輸入で購入するシミ取りクリームは、想像以上の様々なリスクを背負わなければいけません。

日本のシミ取りクリームはシミ取り成分に配合量が決まっている

日本の化粧品は、様々な成分の配合量に決まりがあります。
特に、美白に関する成分の配合量は決まりが厳しく、シミ取り成分として効果が高いハイドロキノンは、2%までの市販品への配合が決まっています。
個人輸入を使用と思う方の大半は、2%の配合量ではシミが取れる訳が無いからもっと配合量の多い物を使いたいと思うのではないでしょうか。
しかし、日本で販売されているシミ取りクリームは、重篤な肌トラブルを起こさない為に根拠ある配合量の規制を行っています。

2%までの配合量は少ないと思うかもしれませんが、ハイドロキノンの威力は想像をはるかに超える程凄く、とても大きなシミ取り効果を発揮してくれます。
2%のハイドロキノンパワーを与えていく事で、徐々にシミに効果を発揮して取り除くのです。 日本人でしたら、日本人のお肌に合わせて作った配合成分で徐々に響かせるようにしましょう。

海外のテクノロジーを日本人用に改良したシミ取りクリーム

海外のシミ取りクリームのような高い効果を得たい方にオススメなのが、ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9です。
ビーグレンは、アメリカのテクノロジーの最新の技術を日本人のお肌に合う為に作られた化粧品です。
ビーグレンの高い効果は、日本人のお肌でもパッチテスト済みで、副作用などの負担が一切ない事が証明されています。
即効力とニキビ跡の改善に優れており、今あるシミを取り除く素晴らしい効果を担っています。 日本製のシミ取りクリームで高い効果を期待したいのであれば、ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9が1番オススメです。
QuSomeホワイトクリーム1.9も含んだQuSomeホワイトトライアルセットは、1,800円ですので、お試しに使われて効果を実感される事をオススメします。