シミ取りレーザーの術後の注意点とケア-シミを取る化粧品選び♪

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加

シミ取りレーザーの術後の注意点とケア

シミ取りレーザーの術後には、病院で処方をされた絆創膏を、指示があった期間のあいだはキチンと使いましょう。
レーザー治療の術後は、しばらくの間は絆創膏のようなシールを貼ることになります。
期間としては1週間ほどが目安ではありますが、病院では使用方法や期間を伝えてくれますので、それは守る必要があります。
それを貼っていれば、顔にはそのままお化粧をすることができます。

顔を洗うと気には注意をする必要があります。
術後は患部を絶対に、力強くこするようなことは控えましょう。
洗顔料を使用する際には、よく泡立ててから肌に軽く乗せる感じで、すすぎもしっかりとしましょう。

治療をしたあとは、皮膚にはしみるような感触を感じることもあります。
シミ取りレーザーの治療を受けたら、患部には清潔なガーゼを使うか、絆創膏を貼ることになります。
レーザーでの治療をしたところは、とても敏感な状態になります。
太陽からの紫外線の影響も受けやすい、とてもデリケートな状態です。

お医者さんや看護師さんに指示された期間は、必ず絆創膏を貼って、大切なお肌を守りましょう。
病院にもよりますが、本当に僅かな範囲であったり、病院の方針で絆創膏を皮膚に貼らないこともありますが、殆どの場合は必要になります。

治療をした後は気になりますが、患部にはとにかく触らないように気をつける必要があります。
数日もすればかさぶたができますが、気になっても自分で剥がしてはいけません。
気になるために、かさぶたができると、手で取りたくなりますが我慢をします。
放っておけば、自然に剥がれていきます。

レーザー治療をすると、レーザー照射をした部分ははじめは赤味が出て、かさぶたとなって自ら剥がれていきます。
順調に剥がれ落ちるまでの時間としては、7日ほどから2週間程度といったところです。

皮膚にかさぶたができると、つい手で触れたくなりますが、触らないことです。
心理的も剥がしたくはなりますが、無理にかさぶたを取ることで、まだ完全に剥がれていないと出血をすることもあります。
表に出るには早い皮膚も、無理に出してしまうことになります。

シミ取り治療のあとに注意をするべきこととして、日焼けをしないことも大切です。
レーザー治療を受けた後は、いつも以上に皮膚にはシミができやすくなります。
レーザーの施術のあとは皮膚は敏感になっているので、日焼けをしやすくて色素沈着も起こしやすい状態です。

デリケートな状態で日焼けをすると、いつもよりもシミが濃く残りやすくなるので、要注意です。
肌に日焼けをしないように、日中は日焼け止めのクリームなどを利用しましょう。
日差しの強くなるシーズンであれば、お出かけには日傘をさしたりするのもいいですし、マスクで顔を守ることもできます。
とにかく徹底的に、肌を紫外線から守る必要があります。

病院で処方をされた医薬品は、必ず使うようにしましょう。
利用するクリニックにもよりますが、抗生物質と軟膏の処方というパターンもあります。
抗生物質を処方するかは病院にもよりますが、これは炎症を起こさないためにも処方されるので、もしも処方があったらきちんと飲みきることです。

クリニックによっては、美白剤も一緒に処方をしてくれることがあります。
美白剤の使用でシミは、だいぶ薄くなります。
の人のシミのレベルであったり、そのクリニックでの治療内容によっても、処方されるお薬は異なります。

ですが炎症を抑えたりだとか、デリケートな状態で細菌が繁殖するのを予防するための医薬品ですので、指示のあったように使用をすることです。
利用をする病院にもよりますが、濃度の高い美容成分のお薬が処方されるケースもあります。