レーザー治療の後遺症(副作用)について-シミを取る化粧品選び♪

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加

レーザー治療の後遺症(副作用)について

シミは多くの女性が悩んでいる肌トラブルの1つです。
一口にシミと言っても、一般的な老人性色素斑の他に、肝斑やニキビや肌荒れから変化してしまった炎症性色素沈着など、いろいろな種類があります。

シミの原因はメラニンにあります。
色素沈着などの肌トラブルの元凶のように言われているメラニンですが、実は大切な役割を持っています。
細胞の中にある核が紫外線を浴びると、核の中にあるDNAが破壊されたり変異したりして、細胞が死んでしまったり皮膚がんを発症してしまったりします。
これを防ぐため、表皮の一番底にあるメラノサイトという部分がメラニン色素を生み出し、周囲の細胞に供給することで傘の役割を果たし、紫外線が届かないようにガードします。
本来であれば、作り出されたメラニンは表皮のターンオーバーと共に垢となって排出されるのですが、紫外線を多く浴びるなど過剰にメラニンが作り出される状態になると、排出が間に合わず残ってしまうのです。これがシミの原因になります。

できてしまったシミの治療にはいろいろ方法がありますが、そのうちの一つがレーザーによるシミ取りです。
レーザーをシミ部分に照射すると、その光がメラニン色素に吸収され熱を発します。この熱がシ ミの原因になっているメラニンを破壊するのです。
破壊されたメラニンは皮膚の中で老廃物となり排出されます。注意したいのは、レーザー治療を受けてすぐにきれいな肌が手に入ると言う訳ではないということです。
レーザー治療は魔法ではなく、その課程には後遺症や副作用も伴い、術後に自分で気を付けなければいけないことも多々あります。
もしレーザー治療を受ける際は、医師からよく説明を受け、理解してから受けるようにしましょう。

レーザー治療は、まず麻酔剤を塗布するところから始まります。
これは照射時に痛みを感じるからです。塗るタイプの麻酔薬やジェルを使います。この段階を経て照射を受けることになります。
レーザー照射を受けた後の肌はまず白くなり、それが赤黒いかさぶたに変化します。
これは破壊された色素がかさぶた状態になっているからです。
そのあと、肌が本来持っている傷を回復させ新しい皮膚を作り出す力、つまりターンオーバーが活性化されます。これによって、肌の中で破壊されたシミの組織が徐々に上に押し上げられ、かさぶたとなって剥がれ落ちていくのです。
この間、シミが治療前よりも濃く見えたり、患部に違和感を感じることもあります。かさぶたが剥がれ落ちた後、赤みがでるダウンタイムがあります。時には腫れる場合もあるので、注意する必要があります。

レーザー治療を受けた後、気を付けなければならないこともあります。
まず、治療後はガーゼや絆創膏で患部をカバーします。これはレーザーを受けた後の肌が紫外線や外部刺激の影響を受けやすい状態になっているからです。
医師の指示に従って、しっかりと患部を守りましょう。また、できたかさぶたを自分で剥がしてはいけません。
うっかり擦ってしまうなどしてかさぶたを剥がすと、最悪出血の恐れがあります。
また、レーザー治療後の肌は、受けたダメージによって肌のバリア機能が著しく低下している状態です。
言い換えれば、非常に無防備な状態になっていると言えます。
そのためこの時期に紫外線を浴びるとその影響を強く受けることになってしまいます。
日焼け止めや日傘などを使って、肌を太陽の光からしっかり守るようにしましょう。
患部の状態によっては抗生剤や美白剤が処方されることもあるので、これらはしっかりと飲むようにしましょう。

レーザー治療後のケアを怠ると、よけにシミが濃くなったり、新たなシミを誘発したりする危険があります。
根気よくケアを続けていきましょう。