シミ取りレーザーは妊娠中に治療しても大丈夫なの?-シミを取る化粧品選び♪

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加

シミ取りレーザーは妊娠中に治療しても大丈夫なの?

例え妊娠中でも女性は綺麗でいたいもの。特にシミは悩みだと思います。
妊娠中は黄体ホルモンの影響でシミが出やすく、濃くなったように感じたり、肌が荒れてきたりとマイナートラブルが多く女性としてとても気になる部分ではあります。
最近はマタニティフォトで素敵な一枚を撮るためにお肌を気にする方も多いのではないでしょうか。

結論から言うと妊娠中にシミ取りレーザー治療は不可能ではありません。
クリニックにもよりますが受けることができます。
ですが殆どのクリニックで妊娠中の施術は断っているのが現状です。

シミ取りレーザー治療とはレーザーをしみの部分に照射しシミの元であるメラニン色素を焼ききることで綺麗なお肌を手に入れるという施術になります。
レーザーというとなかなか怖いイメージがある方もいると思いますがメラニン色素だけに反応するのでシミのないお肌には特に影響はありません。
一回のレーザー照射で治療が終わる方もいますが長年のシミは肌の何層先にも隠れていますので数回継続して照射することで綺麗なお肌になります。
個人差がありますが多少の痛みを伴います。麻酔をかけてくれるクリニックもあるので応相談ですね。

レーザーがシミを照射すると軽い火傷状態になります。それが暫くするとかさぶたになり剥がれ落ちてきます。
かさぶたがはがれた部分はピンク色の肌になり、徐々に周りの肌と馴染んでいきます。
かさぶたを新しい皮膚ができる前に剥がれないようにすることや色素沈着を防ぐために日焼け止めクリームなどで紫外線対策をきちんと行うことが必要になってきます。
クリニックによっては抗生物質や美白剤などを処方してもらえます。

と、シミ取りレーザー治療の流れを簡単に説明しましたがこれだけだと妊婦でも施術出来そうな気がしますよね。
実際医学的にレーザー照射することで胎児に影響があるとは証明されていません。
なぜ、クリニックで断られるのでしょうか。


まずは少なからず母体に負担がかかるということです。
先程も申し上げたように個人差はありますが痛みを伴います。
それに合わせて子宮が伸縮し流産や早産を招くというこども十分に考えられるからです。
そのため妊娠初期は殆どのクリニックで施術を受けることができません。
他にもベッドの昇降や、長時間の仰向け、ホルモンのアンバランスなど妊婦はとてもデリケートなんです。
痛みを伴うということはそれだけ母体に負担やストレスがかかります。それが全く影響がないとは言えないですよね。

そして、施術後に服薬することが難しいということも大きな理由の一つです。
妊娠中は基本的に服薬することが出来ません。妊婦は使用不可の薬も多く存在します。
アフターケアで処方出来ない薬があったりと効果を十分に得られない可能性もあります。
それを承知で施術してくれるクリニックは少ないでしょう。

なにより一番の理由は妊娠している間はシミが増えやすいということです。
治療してもまたすぐにシミが出来てしまうことがあります。
これは黄体ホルモンと呼ばれる女性ホルモンの増加が原因なんです。
この黄体ホルモンはメラニン色素を増やす働きがあると言われており排卵後や妊娠するとホルモンバランスの変化により増加します。
治療しても治療してみ新しいシミが出来てしまう中で何度も施術するのは体にも大きな負担がかかります。そうなれば当然胎児にも負担がかかるのです。
ですので授乳まで終わり落ち着いた頃にはシミの数も落ち着いてくるので産後に施術するように勧めているクリニックが多いのです。

妊娠前よりシミや肌のトラブルが増え、とても気になる時期ではなると思いますが、それだけ身体がデリケートな時期でもあります。担当医ときちんと相談して施術に望んでください。