レーザー治療の失敗例を紹介-シミを取る化粧品選び♪

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加

レーザー治療の失敗例を紹介

紫外線によってもたらされたメラニンが蓄積すると色素沈着が起こります。
これがいわゆるシミができるプロセスですが、一度できてしまったシミは自然に消えることはありません。
そんなシミをなんとかきれいに取る方法はあるのでしょうか?

シミ取りの治療として、よくあげられるのはレーザーをシミにあてて治療する方法です。
美容レーザーは、シミの茶色の色素にのみ反応するのでピンポイントでシミを破壊することができます。
レーザーを受けた肌はヤケドと同じ状態になり、かさぶたが出来ます。
皮膚の抵抗力も弱まるため、テープで保護をします。
10日前後でかさぶたは取れますが、ここでいったんシミの色が濃くなることも。
その後は徐々に皮膚の色に近づいていき、シミが薄くなってきます。

少し時間はかかりますが、何と言っても、レーザー治療の良さは手術時間が10分程度で済むこと。
体にメスを入れないので負担も少なく、手術後はすぐに自宅に戻れるのも魅力です。
シミの程度によっては、1度のレーザー治療で効果が得られることもあり効果が確実で手軽に試せる手術と言えます。

ただ、残念ながら効果の高いレーザー治療にも失敗はあるのです。
実はレーザー治療を受けた後に逆にシミの色が濃くなった、酷くなった、という例も多く上がっています。

そんな失敗例をいくつかあげてみましょう。

まず、レーザー治療後にシミが濃くなってしまった一番の原因は術後のアフターケアの失敗によるものです。
レーザーを受けた肌はかなりのダメージを受けているので術後は徹底した紫外線対策が必要となります。
なぜなら、レーザーによってダメージを受けた状態の肌は免疫力が弱まっているので、以前よりもシミが出来やすくなっているからです。
術後半年は保湿を保つように心がけ、医師から処方された内服薬を指示通りに服用し、、紫外線対策を万全にしないと以前よりもシミが多くなってしまう恐れがあります。

次に失敗する例としては、シミの種類の誤った判別です。
それは、通常のシミではなく、30〜40代に見られる肝斑と呼ばれるシミにレーザーを照射してしまうとシミが取れないばかりか、ますます悪化し シミの色が黒くなってしまうことになりかねないのです。

肝斑ができる原因は、女性ホルモンが大きく影響していると言われています。
妊娠や出産、ピルの服用といったところから発症します。
通常のシミのようにメラニンが溜まって色素沈着状態になるものとはプロセスが違うのです。
しかも肝斑と通常のシミとは、見分けがつきにくいので注意が必要です。
肝斑は両方のこめかみあたりや頬に左右対称でできるのが特徴なので、レーザー治療を受ける前にベテランの医師にみてもらい、判断してもらうことをお勧めします。

そして、治療後数年経ってからシミが再発してしまった、というのも失敗例のひとつにあげられるでしょう。
これはレーザー治療自体の失敗ではありませんが、レーザー治療でせっかくシミがきれいになったのにその後の生活習慣や食生活の乱れからシミが再び出来てしまうものです。
特に飲酒や喫煙、そして睡眠不足はシミの再発の原因となります。
レーザー治療を受けた肌はいったんダメージを受けているので治療前より敏感になっている分、術後のケアはより大切になってくるのです。

このように、レーザー治療でシミを治療することは確実で安全な方法ではありますが、レーザー治療を受けた時からがシミ治療のスタートだと考えるべきです。
きれいになった肌に再びシミを作らないためにも治療後は紫外線対策は万全にして、規則正しい生活と充分な栄養・睡眠が必要です。

上記の例をふまえた上で、確実にシミ取りを成功させたいものです。