シミ取りレーザーの治療後に気を付けること-シミを取る化粧品選び♪

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加

シミ取りレーザーの治療後に気を付けること

シミ取りに皮膚科でレーザーを行う場合、一番大切なことはレーザー治療の後のケアです。
ゴムでパチンと弾かれるような痛みがあり、赤味が出る場合があります。一週間ほど痛みが残る方もいます。
シミを取るために行うレーザーですが、治療後に気を付けないと治療前よりもシミが濃く、増えてしまう場合があります。

絶対に日焼けをしてはいけません。必ず日焼け止めを塗りお肌を紫外線から守りましょう。
治療した後には、支持された期間はガーゼや絆創膏を貼っていなくてはいけません。
そして、刺激を与えないようにゴシゴシこすったりしないことが大切です。
施術後の患部はとても敏感な状態です。洗顔などの患部を濡らすことも指示された通りにしましょう。
洗顔もこすらず優しくしましょう。
気になって触りたくなってしまうかもしれませんが、触らないように気を付けましょう。
特に、かさぶたができてくると気になって触ったり剥がしたりしたくなると思いますが、絶対に自然に剥がれ落ちるまで取ってはいけません。
無理にはがしてしまうと、血が出てしまったり傷跡になってしまったりという事があります。

やけどのような状態になり、かさぶたができます。一週間ほどでかさぶたが自然にはがれて、ピンク色の肌が出ます。
何日か経つと周りの肌と馴染んできます。
日焼け止めを塗って、日傘やサングラス、マスクなどでできる限りの紫外線対策をしましょう。
色素沈着を起こしやすい状態になっているので、日焼けをしないように気を付けないと施術前よりもシミが濃くなってしまうことがあります。
紫外線に弱くなり今までよりもシミができやすい肌になっています。
指示があるまではガーゼや絆創膏を貼り続けましょう。自己判断でつけるのをやめないようにしてください。

施術後に一過性の色素沈着が出てしまうことがあります。
一過性の場合はしばらくすると自然に色素沈着が消えます。
シミが薄くなっても、紫外線対策は続けましょう。
患部の状態によっては飲み薬や付け薬が出される場合があります。
美白剤や炎症を抑える薬などを出されたら医師の指示を守り決められた期間はきちんと使うようにしましょう。
ハイドロキノンやレチノイン酸を出されることが多いようです。色素沈着にも効果があるのできちんと支持を守りましょう。

普段のスキンケアも大切です。
せっかくシミをとったのにケアをしないとまたシミが増えてしまいます。
乾燥しないようにシミを作らないように肌に合った美白効果があり、保湿効果がある基礎化粧品でのケアを続けましょう。
デリケートな状態になるので刺激の強い基礎化粧品やメイクは避けて、シミ治療に最適な化粧品を使うようにしましょう。
治療後に不安になったりわからないことがある場合は、自己判断はせず必ず施術した医療機関に相談するようにしましょう。
ケアをきちんと続けることできれいな肌が長続きましす。

乾燥しやすい状態になっているので、保湿にも気を付けましょう。
乾燥している肌はシミができやすいのです。新たなシミを作らないようにきちんと普段からのケアをしましょう。肌の奥には出てきていないシミがたくさんあります。
食事も気を付けて、ターンオーバーを正常にするように心がけましょう。
正常なターンオーバーに戻ることでシミができにくくなります。
シミの元になるメラニン色素を排出できるようになればシミはできにくくなります。
そして、ストレスや外的な摩擦などにも気を付けるようにしましょう。こすったりすることもやめましょう。

レーザーで取ったから終わりではなく、綺麗な肌を継続すること、新たにシミができにくくすることがとても大切です。
そして、日焼け止めや帽子などでの紫外線対策はずっと続けましょう。